納豆の栄養素

納豆には本当に多くの健康に関する栄養素が含まれています。
下記でそれぞれの栄養素についてご説明いたします。

1.ナットウキナーゼ

血栓を溶解し、血液の流れをさらさらにします。

現在病院で血栓溶解剤として使われている「ウロキナーゼ」の持続効果は4〜20分に対して「ナットウキナーゼ」の血栓溶解持続効果は4〜12時間と持続時間にも差があります。

2.ビタミンB2

ビタミンも多く含んでおり中でもビタミンB2は眼精疲労の回復に効果的です。

3.ビタミンK2

納豆にはビタミンK2が豊富に含まれており、ビタミンK2不足による骨粗しょう症などの予防高齢化対応の素材としても注目されています。

ビタミンK2は人体でも作られています。

4.イソフラボン化合物

抗酸化物質のイソフラボン化合物はアメリカでは前立腺がんや乳がんの予防に効果があるとされています。

5.ジピコリン酸

ジピコリン酸は抗菌性に優れ、有用最近を増やして腸内環境を整えるなどO-157対策としても話題になりました。

6.ムチン

納豆や山芋などのネバネバ食品に含まれるムチンは、強精作用があると考えられています。 ムチンは、たんぱく質を無駄なく活用させ、新陳代謝を促し、細胞の増殖を促してくれます。

ムチンを含む食品を食べ続けると、基礎体力を強くし虚弱体質や呼吸器障害、老化の防止などに効果があると言われています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク