あるある大事典が引き起こした納豆騒動

2007年1月7日放送

フジテレビ系の生活情報番組「発掘!あるある大事典2」で、納豆のダイエット効果を紹介した7日放送分にデータ捏造(ねつぞう)などの問題が判明。

「20〜50代の被験者8人に朝晩2回、納豆を食べ続けさせた結果、2週間後に最高で3〜4キロ減など全員の体重が減った」と偽ったデータテレビ放送

これにより放送後、ねつ造発覚の約2週間ほどスーパーなどから納豆が売り切れるという異常事態におちいりました。

おかげで管理人は約2週間納豆を食べることが出来ないという被害に遭いました・・。

この余計な放送のせいで納豆のイメージまで悪くなってしまいましたが、納豆にはさまざまな栄養があり、健康に非常に良い食品であることは間違いありません。

参照:→納豆で健康に

スポンサードリンク

スポンサードリンク